貧乏日記

耐乏PressJapan.
---
 過去の貧乏日記

[Jul 31,2000 20:15]

新たなスペース 石鹸は、なんとかなった。やっぱりな。

同居人が、旅だった。今、この瞬間から、おんぼろアパートは僕ひとりの物だ。家賃も、ひとりで払わなければならない。倍額だ。

貧乏の、新たなるステージへようこそってな具合。今後、僕がどうなってしまうのかについては、この日記がリアルに伝えることとなるだろう。

生きているかどうかは、更新でわかるという。

[Jul 31,2000 14:36]

これから、石鹸を買いに行こうと思うが。

考えてみれば、今時石鹸などという物を使う家庭があるだろうか。抗菌だの除菌だのが流行っている今、貰い物の固形石鹸が納屋の中で眠っている可能性は高い。

なんとか、貰い物で済ませたいと考えてしまうと、買いに行くのも憚られる。今日一日、台所の手洗い石鹸のかすを寄せ集めて過ごし、明日に希望を繋げないだろうか。

あ、昨日は風呂、入ってません。

[Jul 30,2000 23:47]

天の川が見えた。

石鹸を買うのを忘れた。手を洗うのも、顔を洗うのも、頭を洗うのも、石鹸。昨日、切らしてしまったのだ。

昨日は、くず石鹸を集めて洗った。もう、くずも残っていない。去年のダーツの旅で使った、携帯用のボディーソープなんてやつの存在を思い出したけれど、どこにあるかわからない。

洗剤じゃ駄目だろうか。

[Jul 29,2000 21:16]

A氏に、ビールをしこたまごちそうになる。

久しぶりにA氏にあった。これで、またしばらくあえないのが残念だが、まあ、仕方がない話だ。いやしかし、酔っぱらった。

米沢牛なんてものも、一切れだけ食べることができた。僕の財布では、逆立ちしたって食べられない代物だ。持つべき物は、人脈だ。

望ましい週末。

[Jul 28,2000 05:10]

フレッシュアイのディレクトリに、知らないうちに登録されていた。

最近、バナナをよく食べるようになった。僕の親の世代にとっては憧れだったバナナも、今では100グラム10円を切っている。1キロ買っても、100円以内だ。

牛肉も、このくらいになってくれると嬉しい。嬉しいっていうか、毎日1キロの牛肉を食べることも可能になる。1キロ喰っても、100円以内だ。

バナナ飽きた。

[Jul 26,2000 23:52]

アロハブラザーズ・兄にビールをごちそうになった。

以前にも書いたけれど、同居人が7月いっぱいで田舎に帰ることになった。ひとりあたり1万6,000円だった家賃が、倍の3万2,000円に膨れ上がることになる。

一人暮らしの気ままさを再び手に入れられる代償として、月に1万6,000円の増額。笑っちゃうくらいにやりくりが厳しくなる。

売却時間を増やすしかないのか。

[Jul 26,2000 15:50]

サラリーマン時代の後輩が、見ているらしい。

24日の日記、
7月号を、「発汗」「発汗」
連呼してますよ?
汗かいてどうすんですか?(汗笑)

新人で入ってきた頃は、素直な奴だったのに。そう、たしかに発汗もしている。夏だし。エアコンも無いし。ある意味、あっているのだ発汗。

直したけど。

[Jul 26,2000 00:34]

やっと出ました7月号。

と、いうわけで、今の時点から8月号の編集が始まる。8月号は、なんといっても1周年記念特大号だ。どうやって特大にするか、今から悩むところである。

どうせ、本気になって編集するのなんか発刊の1週間前くらいからだったりするんだし、とりあえずはのんびりしちゃおうかなあとも思う。

夏休みの宿題は、8月31日に泣きながらやる子供時代だった。

[Jul 24,2000 23:58]

酔っぱらった〜。

自分で買った酒でこれだけ酔っぱらうのも久しぶりだ。山芋バンザイ。いや、余計な出費をさせているということは、マイナスの要因なのか、こいつ。

まさに、小悪魔だ。山芋を小悪魔なんて呼ぶ奴が、いったいどこに居るってんだ。そんな奴が居たらつれてこいってなもんだ。って、ここに居るじゃん。

山芋だけで、ひとり幸せ。

[Jul 24,2000 19:17]

山芋をもらった。

嬉しくて、98円の発泡酒を4本も買ってしまった。今、とりあえずは山芋の刺身で一本目。落花生もある。ゆっくりと発泡酒を楽しんだら、米を炊いて。あ〜、山芋ぉ。

え、7月号はどうなったか……。

明日の夜、いわゆる未明って頃になる……かなあ。

[Jul 24,2000 04:22]

毎度のことながら、空が明るい時間となった。

7月号の編集があらかた終わり、写真撮影を残すのみとなった。一番面倒なのが残っちゃったので、25日に発刊できるかどうか微妙。まあ、借り物のディジタルカメラで済ませるから、現像代はかからないけれど。

あまり納得のいく出来ではないけれど、出し続けることに意義があるから、まあ、発刊してしまうのである。特集の中身が薄いのがネック。時間が足りなかった。

8月号は、がんばります。

[Jul 23,2000 23:32]

今日は、鶏肉と葱(青いところ)を煮てみよう。

煙草が底を突いたので、また小粋を吸っている。明日、仕入れてこなければならない。近所で気軽に買える煙草ではないので、在庫を切らすと大変だ。

ゴールデンバットが近所の自動販売機で売られていれば、自販機を使う機会もあるのだろうけれど、そんな自販機は隣町にしかない。最後に自販機を使った記憶は、先々月あたりだろうか。ゴールデンバットを隣町で買ったのが最後。

明日は、ツーカートン買ってこよう。

[Jul 22,2000 23:04]

冷凍の鶏肉とほっけとさんまをもらった。

これから、とりあえず、ほっけを焼いてみようと思う。それを、泡盛でいただく。ほろ酔いになった時点で風呂なんぞに入り、寝てしまう作戦だ。

明日は、朝が早い。夜が明ける前に眠らなければならないのだけれど、そんなことは酒でも飲まなければ不可能だ。

早いったって、10時半。

[Jul 22,2000 01:59]

夏の風物詩、原付の暴走族。

協議会会員と、7月号について話し合いをしてきた。おかげで、こんな時間に帰宅。ベーシストのソロアルバムにはろくな物がないとか、雌のクワガタは餌のゼリーに頭をつっこんだまま眠るとか。

帰り際に、枝豆をもらった。もらったはいいけれど、ビールがない。腹も減っていることだし、枝豆だけをモムモムと食べている。

では、風呂に入ります。

[Jul 21,2000 15:33]

暑い。

風が入ってこない。皮膚全体には汗がじっとりとまとわりつき、迷惑。夕涼みに出かけたいところだけれど、こんな時間からアルバイト。

3時間だけ働いて、帰ってきたら暑い中、7月号の編集だ。25日の発刊を予定している。編集ペースからすると、発刊できるかどうかは怪しい。

だって暑いんだもん。

[Jul 20,2000 22:17]

茄子とピーマンをもらった。

蚊が、本格的に人を刺し始めた。蚊取り線香は、去年の残りがたっぷりと残っているけれど、虫さされの薬は在庫がない。今、3カ所を刺されたところだが、かゆみを止める手段がない。

いっそのこと、掻きむしって痛みに変えてしまえば、我慢できるかもしれない。塩を擦り込むという手も残されている。素直に、かゆみ止めを買えば済む話なのだけれど。

指の関節とおでこは辛い。

[Jul 20,2000 01:03]

ビールをごちそうになった。

明日から、僕の住む地方では子供たちの夏休みだ。バイト先は、午後からかき氷を買い求める高校生が多かった。夏の到来だ。

熱帯夜が始まると、寝苦しい日々を送ることになる。簾に水をかけたり、鍋焼きうどんを作ったりして、涼を楽しむことのできる季節がやってくる。湯豆腐も良い。

とかいいながら、素麺の特売を待つ。

[Jul 19,2000 00:17]

酒呑みながら7月号編集。

なんとか、今月中に発刊したいと奮闘しているけれど、どうも、しっくりこない。酒なんか呑んでいるから駄目なのかしら。だって、暑いんだもん。

扇子で扇ぎながらだから、なかなか進まない。右手は、扇子、コップ、キーボード、マウスをせわしなく移動する。それじゃ、進まないわけだ。

寝ようかしら。

[Jul 18,2000 18:59]

1年ぶりに、秋葉原。

知り合いの買い物にくっついてっただけなので、交通費用は相手持ち。ご飯も、2回ほどごちそうになったりしている。夕飯は、生ビール付き。

甘い話には罠があるわけで、僕はこれから、はんだごてを握らなければならない。もう、2年以上も握っていないから、買ってきたパーツを台無しにする可能性もある。

……明日にしよう、とりあえず。

[Jul 16,2000 23:09]

皆既月食なんか観ていたりした。

もう、月食しまくり。CHIANTI CLASSICOを味わいながら眺める天文ショー。誰かしら、酒を持ってきてくれるから嬉しい。

そういえば、CHIANTI CLASSICOって、良く呑む機会があるし、好きなワインではあるけれど、値段を知らない。自分で買ったことないし。

ってなわけで、ほろ酔い。

[Jul 15,2000 20:53]

ソフトクリームも販売中止。

1兆9700億円という金額について考えてみた。3000万円で割ると、6億以上になる。日本で一戸建てを買うのに、3000万円あればなんとかなるだろうから、一戸建てが6億戸も建てられることになる。

日本の人口が1億2681万人らしいから、ひとりあたり6戸の住宅を手に入れられる計算だ。僕だって、一戸建てをもらえるのだ。すごいじゃないか。

トイレは、水洗にしよう。

※6億戸も建てられないですね、はい。

[Jul 15,2000 06:17]

酔っぱらってたので早起き。

ビールやワインをごちそうになってちょいと頭が痛い。頭が痛いと言えば、なんとか起動できるようになったハードディスク。なぜか、システムが安定しない。

分不相応なものを入れたからだろうか。無効なメッセージがどうしたとか、なんだとか。いったい、誰が発信したどんなメッセージが無効なのか、ちゃんと説明できないところが所詮はコンピュータ。

さて、もう一眠り。

[Jul 14,2000 06:22]

あ〜、眠い。

知り合いから、7.8ギガのハードディスクをもらったので、パフォーマに入れてみた。認識はするけれど、起動ディスクとしては使えない。

4時間かかって、使えないと言う結果だけが空しく残る。朝日が眩しく、眠い。種を蒔いてもすぐに枯れてしまう酸性土壌を開拓しているような気分だけを味わった4時間。

寝よ寝よ。

[Jul 14,2000 23:25]

チーズバーガー販売中止。

夜になると涼しい。気持ちよく帰宅して、郵便受けを見る。税金の督促状が届いていた。はは。

そういえば、軽自動車税もまだ払っていない。明日にでも払ってみたいものだ。窓口が開いている時間に起きられるかどうか。そして、銀行に金が残っているかどうか。

確か、無かったような気がする。

[Jul 13,2000 00:10]

絶好調。

バイト先で、お客様から「吉●家の牛丼より美味しい」と言われた。しかしそれは、とってもおかしな話なのだ。我がバイト先の牛丼、仕入れ先は……吉△家

きっと、■ッテリアなのにマクドナルドと呼ばれてしまうように、牛丼屋ならどこだって吉●家と呼ばれてしまうのかもしれない。一番近くにある牛丼屋といえば、下妻のすき家だ。

好みの問題だと思う。

[Jul 12,2000 00:03]

他人のボーナスばんざい。

肉欠乏症の発作を起こしたなんて話していたら、豚カツをおごってもらうことができた。ビールと日本酒もごちそうになった。アロハブラザーズ兄、ありがとう。

もう、体中にエネルギーが満ちあふれている。しばらくは、一汁無菜の生活でも大丈夫そうだ。あの、ぜんぜん抜ける気配の無かった疲労が、見事に抜けてしまった。

ビバ!他人のボーナス。

[Jul 11,2000 13:28]

発作の原因は、何となく分かった。

体に、かなりの疲労が蓄積されているのだ。栄養の偏りが原因だろう。米、味噌、醤油、玉葱での生活が続いたので、なにかが足りなくなっているのだろう。体の要求通りであるならば、肉が足りないのだ。しかも、牛肉が喰いたい。

ここは、畑の牛肉と呼ばれる大豆を大量に摂取して誤魔化そう。今夜は、冷や奴に納豆、みそ汁もたっぷり作ろう。厚揚げを、焼き肉風に焼くのもいいだろう。

あと1週間。

[Jul 10,2000 23:58]

発作が起きた。

風呂上がり、1本198円で売られていた250ミリリットルのシャブリを呑んでいたら、急に肉が食べたくなった。なんだか、我慢できないくらいに喰いたい。なんで、白ワインで肉なんだ。

体の疲れもあるのだろうか。酔っぱらうのも早い。たかが250ミリリットル、しかも、まだ呑みきっていないのに、すでにへろへろ。日本酒の2合徳利で一気呑みできた頃に比べて、体力も落ちているのだろうか。歳だろうか。

一気呑みは、今では財布が許さないという話もある。

[Jul 10,2000 21:00]

疲れた〜。

近いうちに、東京に行かなければならない。額屋に行って、どんな額があるのかを見て回らなければならない。買えないんだけれど。

いつか、額が買えたならば、個展を開こうという壮大な計画。貯金なんてできそうもない収入をやりくりして、なんとしてでも額代を捻出したい。

額の値段を見たら、がくっとくるかもしれないな。

[Jul 09,2000 22:38]

土日は、アクセスが少ない。

アクセスログを見てみると、平日の昼間、企業や大学のアドレスでアクセスしてくれる人が多いことがわかる。みんな、会社や学校のお金で見に来てくれてるんだな。

だから、週末はアクセスが少なくなる。自分の家にインターネット環境が無い、もしくは、自分でお金を出してまで見に来る価値は無いと思っている。おそらく、後者だと思われる。

会社名、学校名は公表しませんからご安心を。

[Jul 08,2000 23:53]

今日、目覚めたときには台風は過ぎていた。

暴風雨の中、必死の思いでアルバイト先に行ってみたかった。川のようになった道路をのろのろと走り、駐車場からびしょぬれになりながら走りたかった。

すでに道路は乾きはじめ、筑波山がくっきりと近くに望める。雲も素敵で、写真を撮るには良いコンディションだった。そのまま、筑波山を撮影に行きたい気持ちをぐっと抑えてアルバイト。

厨房から望む筑波山の前には、マツモトキヨシ。

[Jul 07,2000 23:10]

ビール、赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン。

おごりで呑めるという幸せ。台風なんて気にしないさ。いっそ直撃したならば、明日は暇だぞアルバイト。台風の中、出かけてくるほど魅力はないさ、バイト先。

他人のボーナスばんざい。

[Jul 07,2000 00:16]

回転寿司をごちそうになる。

回転寿司なんて、何年ぶりだったろうか。久しぶりに、他人の財布で喰うことができるってんで頑張ったのだけれど、18皿でギブアップ。

鮭がレアに焼かれたネタの寿司を食ったら、急にペースが落ちた。最近の回転寿司ってのは、変なのが多くて驚いた。席に着くと同時に、ハンバーグが3つ連続で流れてきた。

面白い物を見させてもらった。

[Jul 06,2000 04:51]

ああ、夜が明けてしまった。

夜中に、台所の掃除を始めてしまったのが原因だな。雪印乳業のバルブ汚染のニュースなんか見ていたら、急にやる気が出てしまった。掃除前の台所は、ものすごい状態だった。今まで無事だったのが不思議。

そのあとは、7月号の編集に熱が入ってしまって、気が付いたら朝。せっかくアルバイトが休みなのに、午前中は寝て過ごすことになるだろう。予定していた煙幕型兵器の使用は見送ることになりそう。

米でも炊くかな。

[Jul 05,2000 22:44]

夏っぽいって、女子高生に言われた。

アロハシャツ以外は、いつもの格好であった。だから、「っぽい」の域を出られていないのだと分析できる。やはり、短パンとサンダル、それと、日に焼けた肌まで揃ってこそ、「っぽい」が付かなくなるっぽい。

さて、湯葉でも戻すとしますか。

[Jul 05,2000 00:33]

A氏と久しぶりに逢った。もちろん、ビールをごちそうになる。

そしてなんと、B氏の家に行き、鰻を食べてしまった。冷や奴、鰹の刺身などなど、おかずも充実。鰻だなんて、夢のようだ。

2時間しか眠っていなかったから、夢かと思った。でも、頬をつねると痛いのだ。そうだ、夢なら、ちゃんと2時間眠っていたときに見たじゃないか。

キューバ危機の夢。

[Jul 03,2000 20:56]

帰宅してまず最初に。

裸電球を灯すと同時に、逃げ回る影を探す。最近では、2〜3個の影を確認できる。すかさず、近代化学兵器のジェット噴射で影を打つ。すべてを打つのは不可能。

そろそろ、影たちにとっては核兵器並の脅威であるはずの煙幕兵器を使用する必要がありそうだ。高価なものだけれど、効果は実証済みである。

決行は、木曜日を予定。

[Jul 02,2000 23:03]

アロハシャツを2着もらった。

1着は、一緒にアロハブラザーズを結成した人から。もう一着は、B氏から。B氏のアロハシャツは、手作り。

安かったから着ているだけであって、自分的には似合っていないと考えているアロハシャツが、確実に増えてきた。今年の夏は、アロハで過ごせそうだ。

いや、決して過ごしたい訳じゃあ……。

[Jul 01,2000 22:41]

二日酔いでダウン。タダ酒の甘い罠。

昨夜、緑川の純米吟醸をゴクゴクと呑んでしまい、会社勤めのとき以来と思われる完璧な二日酔い。知り合いがボーナス日だったので買ってきてくれた酒だけに、美味しくて危ない酒だった。

「ボーナスバンザイ」などと他人のボーナスを祝いつつ呑んでいた記憶は残っている。ポルトガルのロゼワインもあった気がする。ビールも飲んだ。おかげで、水すらも受け付けない体に。

アルバイトなんて、もちろん行けなかった。

---
[Jun 29,2000 00:19]

1万アクセスについて考える。

ひとり1円を取ったら、1万円になる。集金すると、きっと赤字になるだろう。しかし、このページのアクセス数に応じて、勝手にもうけている企業が存在する。

NTT。このページだけ見て回線を切る人は居ないだろうし、専用線だったりテレホーダイだったり第2電電だったりで正確な計算ではないだろうけれど、1万アクセスで10万円の通話料が入ったはずだ。

架空の動物に対する皮算用みたいなものか。

[Jun 27,2000 23:57]

化膿姉妹 VS デブ婦人

これから、もらい物のステーキ肉を焼こうと思う。焼き加減は、自由自在に操ることができる。問題なのは、肉の入手が困難なために腕を振るう機会がないということ。しかし、今夜は、その肉がある。

ステーキの肉汁は、ご飯にかけて食べる。これが旨い。旨味調味料なんぞ問題にならないくらいに旨い。そんな旨味を味わえることも、年に数回だ。

さあ、まずは炊飯だ。

[Jun 26,2000 18:40]

帰ってきた。

下妻の自動販売機、ゴールデンバットには売り切れのランプが。仕方がないので、近所のスーパーでエコーを購入。水海道の煙草屋に行けば良かった。

さて、パタリロ!でも読みますか。

[Jun 26,2000 16:35]

有権者と債権者って、1字違い。

夕方に起きた。もう、1日も終わりに近づいている時間である。あ〜、そろそろ仕事も終わるし、ちょっとひっかけて帰ろうやという時間。

とりあえず、煙草を買ってくるとしよう。銀行に寄って、家賃光熱費の支払い費用を引き出したりもしよう。帰ってきたら、洗濯をすることにもなるだろう。

僕の1日は、これから始まる。

[Jun 26,2000 00:14]

来月は、たいそうにピンチだ。

バイト先の支配人が、僕の勤務時間を計算し間違えた。120時間めいっぱい働かないと、生活が苦しいのに、今月は100時間ちょいしか行かない。どうりで、休みが多かったわけだ。

いよいよ、新しいバイトを探さなければ。120時間働ければ、なんとか暮らせるから良かったけれど、計算を間違えられてしまうってのは、もう馬鹿みたいだもの。

飽きちゃったし。

[Jun 25,2000 01:59]

おごってもらった。OLD GRAND-DADの水割りと南アフリカの白ワイン。

トウモロコシを食べたりもした。朝、もぎたてをすぐに茹でたという、まさに産地直送のトウモロコシ。もいですぐに茹でると、甘さが逃げないらしい。

それは本当らしく、今まで食べたことのないくらいに甘いトウモロコシであった。一粒一粒が、噛んだときに1回だけ、シャキと音を立てる。まるで蜂蜜を舐めたかのような甘さが口に残る。繊維が歯の隙間に挟まらない。

バーボンとトウモロコシとは、奇遇な話である。

[Jun 24,2000 12:58]

18時間も寝てしまった。まだ眠い。

すっかり払い忘れていた自動車税、督促状が届いた。督促手数料50円って書いてある。月曜日にでも払ってみよう。

それにしても、雨が降ると眠くなる。雨が私を眠らせるのだろうか。

仕方がない、アルバイトにでも行こう。

[Jun 23,2000 00:02]

個展をやりたいけれど、額が買えない。

また、ネズミ駆除剤を買い忘れた。今夜も、ネズミと目が合ったりするのかもしれない。慣れてしまうという方法もあるけれど、出産をされてしまうと困る。

アパートの敷地内に野良猫が住んでいるけれど、まったくもって役に立たない。だれか、食い物でも与えているのか、デブ猫である。このデブ猫、走っている姿を見たことがない。

額の大きなデブ猫。

[Jun 22,2000 16:58]

土鍋で米を炊いている。

よく寝た。朝6時に眠り、15時に起床。体調も、少し戻ってきた。それにしても、起床という言葉は、なんだか朝を感じさせる。15時に起きることを起床と書くと違和感がある。

土鍋からは、白い一筋の蒸気がのぼっている。あの土鍋の中で、米が確実に飯になりつつあるという主張のようなものを感じる。

囲炉裏が欲しい。

[Jun 22,2000 00:00]

ビールをおごってもらった。他人の給料日、バンザイ。

そして、6月号も発刊した。これで、一安心。来月号の特集も、何となくはイメージになっている。タイトルは未定だし、本当にそれをやるかも未定だけれど。

毎月、発刊が終わるとしばらくは、来月号のことを考えたくなくなる。もげーっとしていたいのだ。のんびりと風呂に浸かり、水でも飲みながら本を読もう。

土。

[Jun 21,2000 00:13]

いつの間にか、1万アクセスを突破してた。

こんな夜中に、せっせと料理して写真を撮っているってのも、変なものだ。そういう積み重ねが、1万アクセス突破の鍵なのだろうか。なんか、違う気がする。

1万人目の方には、使いかけの消しゴムにサインを入れてあげようかなんて思っていたが、告知するのを忘れているうちに過ぎてしまった。いやはや、残念。2万アクセス突破は、今のペースだと約8ヶ月後。

ペース、落ちてたりして。

[Jun 20,2000 20:48]

天ぷらをもらってきた。

昨日は、寝だめをしておいた。明日からの2連休で、6月号を発刊したい。体調が悪かったりするけれど、なんとか踏ん張ってみたい。

生ビールが飲みたい。ジョッキで。この際、ジョッキを冷やしすぎてビールがシャリシャリ凍ってしまっているような、いつもだったら「ふざけんなバカヤロー」と叫んでしまうような、チェーン店の粗悪な生ビールでもいいから、ぐぐいと一気に飲み干してみたい。

98円の発泡酒でも買ってこようかな。

[Jun 19,2000 17:56]

体調を崩しちゃった。

虫の季節だ。今年も、色々な虫がアパート内を駆けめぐっている。今年は、ネズミも大胆に行動している。僕の寝ている枕元を駆け抜けていく。うるさい。目が合ったりもする。

ネズミだけは、駆除しなければ。うるさくて眠れない。今日は、寝不足でへろへろだ。そこへきて、体調が悪い。あ〜、猫いらずを買い忘れた。

今夜も、目が合うのだろうか。

[Jun 18,2000 22:46]

写真撮影はできそうにない。眠い。

三度、坊主頭になった。非常に清々しい。頭が軽い。気持ちがよい。ただ、これからの季節、熱射病に注意しなければならない。

僕は、帽子が似合わない。そこで、豆絞りを巻くことにした。貧乏生活歴とともに、ますます怪しい人物になっている。確実に。

では、風呂に入って寝ます。

[Jun 18,2000 16:35]

今夜あたり、写真でも撮ってみるとしようか。

6月号は、たぶん、水曜日に発刊されると思う。こればっかりは、やってみなければわからない。

アジアあたりのスピードみたいなグループが、テレビで歌を歌っていた。日本語訳が字幕で出ていたけれど、「貧しい家に生まれたから、そうするしかない」「家族が私をあてにしてる」などなど、すばらしい訳が次々と表示されていた。

スピードが昭和枯れすすきを歌うようなもんだろうか。

[Jun 17,2000 23:22]

2夜連続でおごってもらった。ブラボー。

僕のアルバイト先は、一応、飲食店というカテゴリーに入っている。6月は、検便の季節。無料で検便できる。いまいち、嬉しくはないけれど、検便が無料。

しかし、もし、万が一、予期せぬ検査結果が出てしまうと、大変なことになる。健康保険証を持っていない僕としては、それだけは免れなければならない。

高校以来だよ、検便。

[Jun 16,2000 23:48]

おごってもらった。ビールとワインとツナサンド。

昼間、面白くないことがあったので、夕方に知り合いの雑貨屋さんへ行って話をして、そのあとは久しぶりのA氏にごちそうになった。何も言わずにおごってくれるってのが、やはり一番格好いい。

バリカンも、借りてきた。マルコメへのXデーは、近日。また、3ミリのアタッチメントで丸坊主である。ローコストな坊主頭よ、三度。

今日は、編集しないで寝ようと思う。

[Jun 16,2000 07:38]

徹夜で編集。

『耐乏PressJapan.』の6月号は、なんだか変な盛り上がりを見せている。僕の中だけで。徹夜で編集なんかしていると、どんどんどんどん、予想していなかった方向へ歩いていってしまう。

下旬には発刊されるはずなので、楽しみにしておいて欲しい。面白くないかもしれないけれど、今までにないものになる気がするのだ。

冷静に読み直したら、つまらない可能性はある。

[Jun 15,2000 23:58]

結局、起きたのは17時。

モンブランの万年筆を触らせてもらった。太くて、ペン先が柔軟で、なんだか偉そうな細工が施してある。僕の持っている万年筆が10本も買えてしまうだけのことはある。

入っているインクは、青だった。なんだか、とっても書きやすい。急に、字がうまくなったような錯覚に陥った。普段の万年筆に持ち替えた途端に、いつもの字に戻ってしまうのが悲しい。

本物の場合、使いやすさは値段に比例するらしい。

[Jun 15,2000 00:59]

寝て起きれば、給料日だ。

ゴールデンバットがきれたので、小粋を吸っている。朝になったら、ゴールデンバットを買いに行こうと思う。

本も買いに行かなければ。資料が必要だ。一番近くにあるブックオフは、知人が荒らしてしまっていて、欲しい本が残っていない。学園まで足を伸ばそう。

起きられたらの話ではあるが。

[Jun 14,2000 00:47]

財布の中には500円玉が2枚。あと1日。

ピンチも去った。15日はバイト代が入る。ガソリンも入っているし、1,000円もあるのだから、1日を暮らすには十分であろう。ほっと一息。あーよかった。

6月号の写真を撮影するにも、フィルム代が捻出できずにいた。アルバイトの給料が入ったら、撮影して編集して、一気に発刊したい。

そういう気持ちだけはあるが……。

[Jun 13,2000 01:31]

天ぷらをもらった。

さて、もはや6月中旬である。そう、6月号発刊の予定は中旬であった。前例に漏れず、今月号も下旬発刊になるであろう。

最初から下旬って書いておけばいいのに、などとお考えの方もいらっしゃるかもしれない。けれど、これだけは確実に言える。

下旬って書いたら、次の月の上旬になっちゃうに決まってるさ。

[Jun 10,2000 22:41]

そぼろをもらった。雑炊にしよう。

昨日の写真展の様子が茨城新聞に載っていて、写真に、僕が写っているという噂を聞いた。後ろ姿らしいから、多分そうだと思うよってな程度だけれど。

茨城新聞の読者の方はもう一度、朝刊を読み直してみると、僕かもしれない後ろ姿を見られるかもしれない。

見てないからには、かもしれない域を出られない。

[Jun 10,2000 22:41]

眠い。

さすがに、早起きしすぎたらしい。僕的には、だけれど。14時からのアルバイト、忙しかったものだから、もう、ふらふら。

さて、風呂でも沸かして、モヤシ炒めでもつまみに貰い物のチューハイを飲もうか。飲んだ途端に、眠くなって倒れるかもしれない。そうなれば、それもよし。

1週間だけの、気ままな一人暮らし。

[Jun 10,2000 12:38]

写真展を見てきた。

半券 写真展であるからには、初日の朝から見に行こうというよくわからない理由ではあるけれども、異例の早起き、8時半起床という奇跡を振りかざしてつくば美術館へ行って来た。

ローソンで購入した前売り券は、印刷が逆であった。受付のお姉さんが狼狽えていた。朝のうちは、僕ひとりのための写真展だったけど、1時間もすると子供の遊び場になってしまった。所詮、茨城だ。

崩れ落ちる僕。

[Jun 09,2000 23:00]

同居人がアメリカへ旅立った。帰国は約1週間後。

アルバイトをしながらアメリカ行きの費用を貯めていたのだから、大したものだとは思うけれど、今月分の家賃未払いのまま行きやがった。

僕の財布は、すでに枯れてしまった。給料日まで、どうやって生活すればいいのだろう。彼は今頃、アメリカにいる。僕が立て替えた家賃を払わないまま。

彼は、僕の給料日に帰ってくる。

[Jun 08,2000 23:56]

ビールとワインをごちそうになった。久しぶりだあ。

長野の白ワイン。口に入れた途端に、上顎を伝わってぴゅうっと喉へ吸い込まれるようなワイン。ほろ酔い。

あ〜、寝よ。

[Jun 07,2000 23:00]

アルバイト先で、男の子にナンパされた。

そういえば、自動車税を払い忘れたままに支払期限が過ぎているって、今、気づいた。本当に、忘れていた。軽自動車なので4,000円。

考えてみると、今月は4,000円を捻出するのは難しい。仮に覚えていたとしても、払えなかったかもしれない。

もう少し、忘れていようと思う。今日の出来事も、忘れたい。

[Jun 07,2000 03:00]

具の入っていないナポリタン。

物事の中枢にいる人間ってのは、危機管理に対する意識が皆無だとわかった。いま、まさにジャイアントスイングの最中。回るのは僕。

せっかく余裕を持って、締め切り1日前が締め切りくらいのペースで事を運んできたのに、今夜はいちからやり直し気味。

はらほろひれはれ〜。

[Jun 06,2000 17:08]

前売りチケットを購入。

コンビニエンスストアに立ち寄り、情報端末を初めていじくってみた。ダイヤルアップ接続かな、とか、いろいろと勘ぐりながら、目的のチケットを探す。キーボードが欲しい。

一番最後のページに、つくば美術館で開催されるそれはあった。前売りだと、200円安い。お金持ちの人たちがコンビニで買い物をしてくれるおかげで、色々と恩恵にあずかれる。

当日は、600円分、眼が開かなくなるまで見てこよう。

[Jun 05,2000 23:54]

印鑑を作る練習。

印鑑を作ってみようと考えたが、いきなり篆刻の道具をそろえるのは得策ではない。とりあえず、消しゴムを買ってきた。

難しい。こんな削りやすい素材なのに、まるで駄目である。ナンシー関の偉大さが思い知らされる。道具がカッターなのがいけないのだろうか。

刃を折って使えるからオルファカッターというのは本当らしい。

[Jun 05,2000 17:53]

撮影してきた。そしてただ食い。

撮影現場からすぐのところにジョイフル本田があるので、帰りに寄ってきた。ペット館は、入場無料の動物園。熱帯魚がお気に入りだ。水族館との最大の違いは、値段が書いてあること。高い魚ほど、やる気のなさが感じられて面白い。

心を打たれたのは、アルジータ。みんな、水槽のガラスや岩に張り付いてじっとしているだけ。その姿は実にほほえましい。お金持ちになったら、大きな水槽にアルジータを1万匹くらい飼ってみたい。

アクアラングを着て一緒にへばりつくのだ。も゛〜。

[Jun 05,2000 01:52]

波乱の1週間な予感。

唐突に、忙しくなった。月曜日はゆっくりと洗濯・掃除・草むしりをする予定だったのに、まったく無理な状況だ。

広告なんて、片手間でできる仕事ではない気がしてきた。諸々の経費により相殺されてしまうギャラ。連日の徹夜。その先に、何が待っていてくれるのだろうか。

夢は、温泉街での宴会。ビールに空豆。遊技場でスマートボール。

[Jun 04,2000 05:49]

0時に寝て4時半に起きた。信じられない。

どうも、暗いうちに寝ることに慣れていないせいか、すぐに目が覚めてしまった。前の日、睡眠時間が1時間半だったにも関わらず、である。朝日と共に目覚めるなんて、なんて素敵な。

ご飯をごちそうになって、腹一杯にして眠ったから、起床できるエネルギーが十分であったのかもしれない。やはり、喰ってれば眠らずにすむのだろうか。

肉喰えば早起き。

[Jun 03,2000 00:53]

頭を洗うのは、石鹸。

そんな生活を、もう9ヶ月も続けている。ちょっと髪の毛が伸びてくると、ぎしぎしと軋んでしまうのだけれど、最近、髪質が変わってきた。

石鹸を洗い流したときは、ぎしぎしと不満の声を上げる髪の毛が、タオルで拭いて乾かすと、以前よりも明らかにさらっとしている。髪の毛も環境に順応するという、大発見であろうか。

いずれにせよ、またバリカンを借りてこないと。

[Jun 02,2000 05:22]

徹夜してしまった。

朝御飯といえば、今日一日の活力を体にたたき込むための重要なファクターである。できれば、朝から米を食いたい。一汁一菜が揃うなら、嬉しい食事となるであろう。

しかし、徹夜明けで米なんか炊いていると、ちっとも浮き立つものがおこらない。白菜のみそ汁と、自家製ふりかけという豪華な食事ではあるが、体内時計は昨日をひきずっている。

あぁ、寝ちゃ駄目だ。

[Jun 01,2000 23:33]

撮影してきた。

ラーメン屋へ行って、冷やし中華の写真を撮った。撮ったあと、喰わせてもらう。飯代が浮いた。味については、聞かないで欲しい。

帰ってきてから、復活を遂げたA氏にビールをごちそうになる。この季節、やっぱりビールだ。アルコールってのは素敵だね、やっぱり。

久々にほろ酔い。

[Jun 01,2000 00:44]

作務衣をもらった。

6月3日は、野点に呼ばれている。和物着用ということなので、作務衣でも買おうかなどと周囲に漏らしたところ、もらうことができた。

欲しい物があったら、できるだけ多くの人にそれとなく漏らしておくと、タダで入手できる確率が上がる。下手に懸賞に手を出すよりも、効率がよいかもしれない。

和物=作務衣という思考もどうかと思うが。

---
---
耐乏Press 耐乏Press Japan. 貧乏日記 発行:全日本貧乏協議会(taku3@jh.net)
COPYRIGHT (c) 2002 Takuya Kawakami. ALL RIGHTS RESERVED.